文学 英国 詩歌

貴族詩人バイロンの憂愁と放縦な恋愛

2020年5月3日

『バイロン詩集』 ジョージ・ゴードン・バイロン著,    小川和夫 訳

  • 著者: ジョージ・ゴードン・バイロン著, 小川和夫 訳
  • 出版社: 白鳳社
  • 言語: 日本語
  • 発行日: 1975年7月25日
  • 版型: 単行本
  • 価格(税込): 絶版

 

貴族詩人バイロンの憂愁

前回は、両親を幼くして亡くし徒弟奉公から医師になったジョン・キーツ(1795年~1821年)を取り上げたが、今回取り上げるジョージ・ゴードン・バイロン(1788年~1824年)は、キーツよりも7年先に生まれ、夭折したキーツの死の3年後にこの世を去った。キーツもバイロンも、同じ時代を同じロマン派の詩人として生きながらも、キーツが貸馬車屋を営む庶民、よく言っても中産階級の出身だったのに対して、バイロンは男爵の子息、つまり貴族として生まれた。そのため、人々からはバイロン卿(Lord Byron)と呼ばれた。

しかし、貴族で美男子と言われたバイロンにも憂いがなかったわけではなく、生まれながらに右足が不自由だった。一方で女性関係については、バイロンはキーツほど潔癖ではなく、多くの女性と恋愛関係を重ねた。

 

女からの別れの手紙

バイロンは別れた女から来た恨みつらみの手紙さえも、そのまま詩にしてしまうという赤裸々な詩も残している。「ジュリアの別れの手紙」がそれだ。7つの詩節から成るこの詩の最初の詩節を次に引く。

 

「 事がきまって、あなたさまはお出立ちになると伺いました。

それが上策、── それでいい、と思っても、嘆きは鎮まりませぬ。

もうあなたさまのお情けにすがるわけにはゆきませんのね、

迷って傷ついても、また迷うのがあたしの心でございます。

ただもうひたすらお慕いする、あたしとしてはその術(すべ)しか

心得てなかったのでございます。── 大急ぎで書いておりますので、

この紙に汚点(しみ)がありましても、それは涙ではございません。

眼(まなこ)は焼けて戦(おのの)いてはいますけれど、涙は涸れておりますもの。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

バイロンはこの詩の最後の詩節を次のように締めている。

 

この手紙は金縁(きんぶち)の紙に、清楚で小さい

烏羽(からすは)ペンのほっそりした新しいので記された。

小さな白い手は封蝋をとろうとしてためらった。

磁針がふるえおののくように、それはふるえているのだった。

しかし彼女は一滴の涙も流しはしなかった。

捺す印章は向日葵(ひまわり)の花に、「彼女はあなたにどこまでも(エル・ヴー・シュイ)

従う(パルトゥー)」という題銘が白い瑪瑙(めのう)に刻まれている。

蝋はとびきり上等で、その色は真紅(しんく)だった。

 

赤裸々にも、別れた恋の相手からの手紙をそのまま詩にしてしまうバイロン。そこには、第1詩節から第6詩節まで、びっしりと、相手の女の恨みつらみが、上流階級の礼節をもった丁寧さのなかにも時に刺すように書かれている。締めの第7詩節の終わりまで、バイロン自身が心に感じた思いは一切書かれてはいない。

バイロンは封蝋を蝋燭で燃やしながら封筒に垂らすときの彼女の手が「磁針がふるえおののくように」震えていたことを、垂らした封蝋の乱れから読み取る冷静さを持っていた。その時、バイロンは、何を感じていたのだろうか。

 

医師だった詩人キーツが詠んだロマン的世界

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
石川 雅一

石川 雅一

 東証ペンクラブ 会員。学校法人評議員。 元日本放送協会で国際報道に従事。アフガニスタン内戦、カシミール内戦、パンチャヤト大暴動( ネパール)、湾岸戦争、アメリカ航空宇宙局(NASA)、国連安全保障理事会、ニューヨーク市警、米国核廃棄物、ロスアラモス国立研究所、米国海軍、米加漁業紛争、京都の歴史文化伝統産業などを取材。国際機関アジア太平洋放送開発機構講師(JICA専門家)としてクアラルンプールでアジア各国の放送局のジャーナリストを育成指導。金融市場分析のテクニカルアナリストとして日本の全産業三千数百社の上場企業のテクニカル分析をダイヤモンド社で三季にわたって完遂。  早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程中途退学。早稲田大学大学院商学研究科専門職学位課程修士(研究科長賞受賞)。MBA( Le Cordon Bleu; Global Service Business, WBS)。Certified Financial Technician(CFTe Ⅱ)。 一級小型船舶操縦士、剣道初段、趣味は能楽。

-文学, 英国, 詩歌

Copyright© 石川雅一の書籍漂流  , 2020 All Rights Reserved.